賃貸不動産経営管理士について
rental real estate business manager

賃貸不動産経営管理士について

賃貸不動産管理に関するスペシャリスト

賃貸不動産経営管理士とは、主に賃貸アパートやマンションなど賃貸住宅の管理に必要な知識・技能・倫理観を持った専門家です。
人々にとって重要な住居形態である賃貸住宅を適正に維持・管理することは、人々の安心できる生活環境に直結します。
賃貸住宅に対する継続的かつ安定的で良質な管理サービスに対する社会的な期待や要望は多く、賃貸不動産の管理業務にかかわる幅広い知識を有する賃貸不動産経営管理士の活躍が期待されています。

男性シルエット

賃貸不動産管理業の業務範囲

賃貸不動産管理業務

賃貸不動産管理業の業務は、家主との賃貸不動産の管理業務を受託する契約から始まり、入居者の募集や契約業務により希望者を入居させる他、
建物の維持管理や不具合の対応、原状回復工事など様々な業務があります(一部媒介業務などを含む)。

  • 管理業務受託契約
  • 入居者募集~契約
  • 管理業務(契約期間中)
  • 管理業務(契約終了)
  • 支援業務
男性シルエット

国の法制度に基づく役割

国土交通省告示「賃貸住宅管理業者登録制度」

借主と貸主の利益保護を図るため、賃貸住宅管理業務に関して一定のルールを設けた制度です。
賃貸不動産経営管理士は賃貸住宅の管理に関する重要事項の説明や契約書の署名捺印など、賃貸住宅に係るトラブル防止のために重要な役割を担っています。

住宅宿泊事業法(民泊新法)

健全な民泊サービスの普及を図tるため、住宅宿泊事業の届出制度や住宅宿泊管理業・住宅宿泊仲介業の登録制度など一定のルールを定めた制度です。
住宅宿泊事業法において、賃貸不動産経営管理士に一定の役割が付与されています。

弊社 各登録番号
宅建業免許 県知事(5)第4436号
建設業許可 県知事(般-2)第16815号
国土交通大臣 一般不動産投資顧問業第1174号
国土交通大臣 賃貸住宅管理業者第3552号
一般社団法人全国賃貸不動産管理業第6082号
このページの先頭へ