宅地建物取引士
real estate transaction specialist

宅地建物取引士について

宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格者です。

宅地建物取引士とは、宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格者で、宅地建物取引業者の従業者証明書資格を有する者が行う、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の取引に対して、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実に法に定める事務(重要事項の説明等)を行う、不動産取引法務の専門家です。

宅地建物取引士の専権業務

「宅地建物取引士」は宅地又は建物の取引の専門家です。

以下の主業務が宅地建物取引業法15条に基づき宅地建物取引士が行う、「宅地又は建物の取引の専門家として、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実にこの法律に定める事務」です。

  1. 重要事項の説明
  2. 重要事項説明書への記名・押印
  3. 契約内容記載書への記名・押印
などをおこないます。
弊社 各登録番号
県知事 免許(5)第4436号
国土交通大臣 一般不動産投資顧問業第1174号
国土交通大臣 賃貸住宅管理業者第3552号
一般社団法人全国賃貸不動産管理業第6082号
このページの先頭へ